働き方、立場、役割、在り方 医療現場において求められていることを書き出しました

立場の違いで役割が異なる看護師

看護師が医療現場で担う役割はどの現場であっても大枠に違いはありません。
患者の看護を行うプロとして、普段から入院患者の身の回りをよく観察しながらお世話をするのは重要な役割です。
外来患者とのコミュニケーションやカウンセリングを行うのも必須のことでしょう。
また、医師の補助を行うのも重要な任務であり、外来患者とのやり取りはひいては医師の診察の補助になります。
また、入院患者に対して医師の指示に従って注射や点滴などの医療行為を行うのも職能として認められており、それが中心業務になることも珍しくありません。
このような仕事を行うのは看護師にとって大枠として同じですが、実際にどのような立場で行うかについては医療現場によって違いがあります。
細かな役割については雲泥の差があり、近年では医療チームを結成して医師と同格の立場で医療に参画することも多くなりました。
最先端の医療を担う病院では特にその傾向が強くなっていて、看護のプロとしての自覚を持って働かなければなりません。
自分の行った行為や判断が医療の成功にも失敗にもつながる点が責任も重いものの、やりがいにもつながる点になっています。
一方、医師の下働きをするという印象が否めない現場も少なくありません。
あくまで医師の指示の範囲内で働けば良いという医療現場は古くからある現場に多く、個人レベルのクリニックでもよく見られる傾向です。
責任が軽い分だけ気軽に働きやすいでしょう。