働き方、立場、役割、在り方 医療現場において求められていることを書き出しました

医療現場における看護師の役割

高齢者の増加と共に年々病院を受診する人が増えています。
そのような病院運営で欠くことができない職業が看護師です。
では、医療現場でどのような仕事をしているのでしょうか。
病院での看護師の職務は大きく分けて三つあります。
一つ目は、外来の患者の診察を補助する業務です。
例えば、風邪や骨折をした時に病院に行き医師に診察してもらいます。
病気の程度にもよりますが、入院をしないでそのまま家に帰る事があります。
このような外来患者を診察する時に医師のサポートをする事がメイン業務になる場合があります。
二つ目の職務は入院患者を対象としたサポートです。
入院患者の食事の補助や薬の配給及び定期観察などがメインの業務になります。
ここでの職務は患者やその家族と接する機会が多いため、やりがいを感じられる場面でもあります。
しかし、セクハラやパワハラをする患者の担当になるとストレスが溜まります。
三つ目の職務は手術の補助です。
手術の際の役割としては基礎的な医療補助とメスやガーゼ等のオペに必要な道具を医師に手渡す事がメイン業務となります。
脳外科や泌尿器科等の特定の科に属して手術の補助をする場合には手術の流れに慣れて、スムーズにサポートを行う事ができます。
他方、救急外来などで勤務している場合、手術の内容が幅広い分野に及ぶため、柔軟性や応用力が求められる事になります。
このように看護師の職務といっても、所属する部署などが異なると内容が大きく異なるようになってます。
仕事の内容について主に書きましたが看護師に求められるスキルを皆さんはご存知ですか?
知っておくべき看護師のスキルを知りたいあなたはこちらへ