働き方、立場、役割、在り方 医療現場において求められていることを書き出しました

看護師の働き方と立場について

医療現場で働く看護師は大半が常勤ですが、非常勤や派遣の人も一緒に働いていることがほとんどです。
常勤だけでは手が回らない現場が多いからであり、好んで非常勤や派遣という働き方を選ぶ人もいます。
ただ、現場での立場は働き方によって変わるのが通常であり、現場によっては常勤が最も立場が良くて他の働き方をしている人が負い目を感じることもあるのです。
しかし、大きな差別が行われているのではなく、現場の実情に合わせて適切な役割分担がされています。
常勤の人は常に現場にいるというのが前提になるので、特に看護の必要性が高いシビアなケースを任されることが多いのが特徴です。
ルーチンでこなせる仕事も多いものの、他の働き方の人に比べると手のかかる患者や長期入院になる患者の対応を任されやすくなります。
非常勤になると常勤ほどには現場にいない状況になるので、申し送りだけで簡単に次の引き継ぎ手が対応できるような基本的にはルーチンで対応できる患者の対応をすることが多いのです。
派遣になるとケースバイケースであり、非常勤とほとんど変わらないこともよくあります。
一方で常勤でも対応が難しいような複雑なケースを任されることもあるでしょう。
能力を買われて採用された派遣の場合にはレアケースを任される倍もよくありますが、通常の非常勤と変わらないというときにはルーチンの仕事があてがわれます。
医療現場では働き方によって携わる仕事にもこのような違いが生じるのです。