働き方、立場、役割、在り方 医療現場において求められていることを書き出しました

求められている看護師の在り方

医療現場において、患者に一番近い存在は看護師です。
常に接する中で、苦痛や心の負担を話すなど気持ちの距離が近いため心を開き、患者は安心して治療に集中出来ます。
しかし、離職率の多さやそれに伴う人材不足が、社会問題となっています。
医療現場は人手不足で混乱し、急患をはじめ、医療を必要としている人の受け入れ体制が整うことが難しい状況になっていると、よくニュースなどで取り上げられています。
そこで、大学病院など大きな医療機関はチーム医療、という形を作りそれぞれの専門分野を活かした治療や患者とのやり取りを実践している現場もあります。
医療チームには医師をはじめ、看護師や管理栄養士、薬剤師や理学療法士、ソーシャルワーカーといった人たちが一人の患者に関わるチームとして組まれ、それぞれが患者に直接関わることで患者側も知識を深め、治療に役立てるようになど専門分野の力を最大限に患者に役立てられるように考えられています。
患者を一番に考えたこの医療チームですが、その背景には看護師の人材不足が関係しているようです。
医療現場は時を選ばず急患がやってきます。
まさに24時間体制の現場であり、沢山の患者を抱えながら急患など患者の対応を求められません、シフトを組んでもその通りにはいかず結局勤務時間外の勤務になってしまうことが日常化している現場も珍しくなく、家庭との両立が難しくなり離職してしまうという状況が耐えません。
医療チーム、という体制は必要な人材がいる大学病院や大きな医療機関でなければ難しいです。
医療従事者の働き方の問題は様々な視点から早急な改善策が求められています。